2009年12月22日

北陸新幹線と上越駅

北陸新幹線・長野〜金沢間の工事が進んでいる。日本中どんどん、新幹線網が広がっている。便利になるが、旅の楽しみが減っていく。どちらも時代の流れである。

こういう大プロジェクトでは、沿線各地域にも甚大な影響を及ぼす。だから各自治体も色々な要求を出してくる。その一つに、新潟県の、(仮称)上越駅に全列車停車という要求があるそうだ。この話を聞いて、よくそこまで言うものだと驚いた人も多いだろう。

現在、上越新幹線には1往復だけ、東京〜新潟ノンストップというのがある。県下第二の都市、長岡を通過するのはこの1往復だけである。新潟県知事がこの列車に対して文句を言わないのは、同じ県内の新潟が終着であり、県庁所在地新潟市にメリットがある列車だからであろう。長岡と新潟が別の県であったならば、そして今の知事が「長岡県知事」であったならば、彼はこれに猛然と抗議したに違いない。

上越市は、長岡に比べても人口規模が小さく、さほどの乗降客は見込めないであろう。しかし、上越市の前後も人口は稀薄であるから、北陸新幹線の水準では主要駅になることもわかる。それに、長野〜富山がノンストップというのは、ちょっと長いかもしれない。しかし、新横浜〜名古屋や、「はやて」の大宮〜仙台に比べればはるかに短い。そう考えると、全列車を停めるのは過分である。素人でもわかりそうなことで、JR東日本の社長も、当然のごとく拒否している。

どうしても埒が明かないのであれば、開業暫定ダイヤでとりあえず全列車停車にして、その代わり「最低乗降客数保証」を求めてはどうだろうか。上越駅の乗降客数目標を、全列車停車にふさわしい水準に設定し、それが達成できなければ、次のダイヤ改正で、通過列車を設けたらいい。
posted by 東西高低 at 03:08| Comment(0) | TrackBack(2) | 高速鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

茨城空港

計画や需要予測がずさんだったのも事実だが、それにしてもタイミングが悪い時期に開港するものだと思う。2010年3月に、国内線就航ゼロという状態で開港する茨城空港(現・百里基地)である。何しろ定期便は一日1便のソウル(仁川)行きだけだというのだから、話にならない。どんなみじめな開港記念式典になるのかと心配になる。

私は個人的には、この空港は、首都圏第三空港としての可能性がなくはないと思う。そういう意味では、静岡や福島よりは、まだやりようがあるのではないか。静岡と福島の中途半端な立地は、首都圏第三空港としては、もはや使えない。茨城も東京を名乗るにはちょっと遠すぎるものの、ギリギリ可能性がある気がする。

欧州で言うと、パリの第三空港であるボヴェ、フランクフルトを名乗るハーン、そしてブリュッセル南を名乗るシャルルロワ、といったあたりが、相当すると思う。いずれも欧州の人には知られている、格安航空会社専用といっていいような空港である。どこも鉄道の連絡などはない。車で来る人が多いようだが、一応連絡バスもある。例えばパリのボヴェは、パリ市内までバスで1時間半だそうである。一般の路線バスではなく、格安航空会社の専用バスのような感じらしい。バス代も、1時間半も乗る割には安い。時間はかかるけれども、とにかく安くパリに行ける。そういう需要をしっかりつかんでいる。忙しいビジネスマンは、当然シャルルドゴールを使うが、そこはおのずと住み分けができている感じである。さらには、航空運賃がここまで安いと、それが新たな需要を生み出す。しばらく旅行していないからどこか行こうかと思って、格安航空会社のサイトを検索する。往復とも安くて都合のいい便が取れる。ならちょっとパリにでも行ってくるか、ということになる。かくして格安でも搭乗率が良いから、格安航空会社の業績は、大手よりもむしろ良い。空港もそこそこの利用者で活気がある。

全てがそのようにうまく行っているわけではない。しかし、欧州ではそういう成功例がいくつもある。東京ほどの都市だ。やりようによって、できないことはないと思う。

しかしこの空港は、スタートであまりに大きくつまづいてしまっている。未曾有の不景気にインフルエンザが加わり、旅行需要自体が大きく減退している。しかもJALが倒産同然の騒ぎの最中で、新路線どころではない。加えて羽田と成田の拡張が進みつつあり、航空会社もそちらへの路線確保が最優先事項だ。そうなると、茨城など眼中にもない。これが10年前だったら、多分違っていただろう。当時はまだ、地方空港への新路線開設も盛んであったし、羽田や成田は枠がいっぱいで、これ以上便数を増やしたくても増やせなかった。そういう時に開港すれば、とりあえずいくつかの路線は飛んだかもしれない。茨城というと、外から大々的に人を集められる観光地はないが、つくばや日立などがあり、ビジネス需要も見込めるだろう。

この空港の建設を肯定するわけではないが、運が悪かったという面もあると思う。計画から開業までの時間が長くかかる交通施設は、作っている間に世間の状況が変わってしまうから大変だ。青函トンネルなどもそうだし、陸上でも、お金をかけてトンネルを掘ったり橋を作ったりして、結局鉄道が走らずに終わった路線などもいくつもある。それらが、ずさんな需要予測や政治的かけひきの道具として使われた結果という側面もあるが、全てがそうでもないだろう。

茨城空港に関して言えば、微妙なところだが、欧州の幾多の例を見る限り、何とかやりようもあるように思える。しかし、とりあえず開港時にこのありさまでは、悪いイメージが定着してしまい、今後の発展も厳しいかもしれない。2〜3年で撤退路線が出てくるとしても、とりあえず開港時にそこそこの路線が飛んでくれていれば、空港アクセスのバス路線なども色々と開設されるだろう。しかし、1日1便では、バスなどどうするのだろうか。バスの便もない空港ということで、利用しづらい空港という印象が定着してしまうと、さらなる路線誘致にも影響してくるだろう。最初はやはり肝心だ。そういう意味では最悪な時期に開港する、不運な空港である。
posted by 東西高低 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

JAL402便ロンドン発東京行

11月某日のJAL402便、ロンドン・ヒースロー発東京成田行き。エコノミークラスの搭乗率は、ざっと見たところ、3割を切っている程度で、大型B777の客席は寥々としていた。閑散期に不景気が加わっているとはいえ、JALの不人気がここまでとは思わなかった。東京・ロンドン間は、ANA、BA、ヴァージンと、他に3社が直行便を飛ばしている。それだけ需要のある区間であると同時に、競争も激しいと言える。

お客としては、空いているのは有難い。ましてや長距離便である。これだけガラガラだと横になって眠れるので、非常に有難い。しかしこれでは本当に、JALの行く末が案じられるとは思う。

その空いている長距離便で、以前と比べてサービスが落ちてしまったのは、本当に残念であった。人によっては些細なことと思うだろう。それは食事の出し方である。以前は、まずドリンクとおつまみが配られ、それから20分ぐらいして、食事が配られていた。それが今回は、一度に持ってきたのだ。

1時間や2時間の短距離便ならともかく、12時間もかかる長距離便で、しかも夜の出発となれば、普通の乗客であれば、ゆっくりとお酒や食事を楽しみたいと思うだろう。大体JALは以前から、他社と比べても、お客が食事やお酒をゆっくり楽しむペースを配慮せず、仕事をする側のペースで食事や飲み物が提供されていた傾向にあった。それでもまだ、最初におつまみとドリンクを配りに来ていた頃はマシだった。少なくとも、ゆっくりビールを飲み、適度にいい気分になった頃に食事が運ばれてきたからだ。しかし、今回はそれが一度にまとめて配られたのだ。これは恐らく、コストダウン対策の一つなのだろうが、こんなことで節約できるコストは僅かで、それ以上にお客離れが進まないのか、その方が心配である。

私の場合、最初におつまみとドリンクを配りに来る時には、ビールをもらうことが多い。そして食事にはワイン。ところが、これが一度に配られるとなると、ビールをやめてワインだけにすることになる。一度に両方は多すぎるからだ。ビールをゆっくり飲んでいては、メインのホットミールが冷めてしまう。しかもJALは、他社よりも早いペースで(特に空いていればいるほど)、食事の最中にコーヒーや紅茶をしきりに注ぎに回ってくる。混んでいても空いていても、お酒を飲みながらゆっくり食事をする平均的な乗客のペースに配慮して、いいタイミングでコーヒーを配りにきてくれる、グルメ大国フランスの航空会社とは、えらい違いである。このことは以前から感じていたが、その上に食前酒と食事まで一度に持ってこられるようになってしまった。そうすると、JALのことだから、食事が終わってからゆっくりコーヒーを、なんて思っても、もっと早くからコーヒーを注ぎに回ってくるのはわかっている。あれは何となく急いで食べないとという気持ちにさせるのである。後からボタンを押して呼んでコーヒーを頼むこともできるのはわかっていても、どうしても気分的に急いで食事をしてしまうのだ。同じように思っている乗客も多いと思う。JAL側からすれば、そうしてゆっくりと食事をさせないことで、私に関してはビール1本分の節約になったことになる。

次回からやっぱりAFにしようか、でもAFは人気が高いから混んでいて横になれない可能性が高い。それならJALの方がいいか。そんな事を考える。そんな風にしてしかJALが選ばれないのもどうかと思う。

この時は、JAL全社員の冬のボーナスゼロが発表された後で、客室乗務員の士気も下がっていたのだろうとは思う。しかし、大変なのはJALだけじゃなくて、乗っている乗客の中にも同じような、いやもっと悪い境遇の人も沢山いるんですよ、と、ひとこと言いたくなるような、そんなフライト体験であった。別にレストランではないのだから、そこまで最上のサービスを求めるつもりはないが、しかし、コストをほとんどかけず、ちょっとした心遣いで乗客の気持ちを良くして、次も乗りたいと思わせることができれば、それが長い目で見てもプラスになるだろうと思う。しかし、今のJALには、それを求めるのも無理なのであろうか。
タグ:JAL
posted by 東西高低 at 19:19| Comment(1) | TrackBack(0) | フライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。