2009年06月25日

発車メロディーとかいう騒音を撒き散らしているJR東日本

いつごろからだろうか、山手線などに乗ると、駅ごとに、発車ベルの代わりにやかましい騒音を聞かされるようになった。あれは音楽とかメロディーなどと言ったものではない。騒音である。それは今、JR東日本の全域に波及している。首都圏だけでも十分やかましいのに、どこだったか、青森あたりで同じ騒音を聞いた時には、心底から愕然とし、旅の雰囲気がぶち壊されたとさえ感じた。

これは、発車メロディーとか駅メロディーなどと呼ばれているらしい。名前はどうでも良いが、結論から言うと、即、全廃してほしいと思う。

昔は、ジリジリジリという本物のベルであった。それが、プルプルプルという電子音に取って代わった。そこまでは、感じ方は人それぞれで良い。私は個人的に昔のベルをやかましいとは感じなかったが、電子音になって耳障りが良くなったという声も多かったと思うし、それは理解できる。

翻って現在のメロディーは、多くの種類があり、駅によってはその駅だけのものもあるらしいが、大半は不快な騒音である。海外から日本に戻ってこの騒音を耳にするたびに、日本は依然として何たる後進国なんだろうと思う。環境が違う海外と一概に比較はできないのはわかるが、駅のアナウンスといい、東京はとにかくやかましすぎる。だから東京に一日いて、電車を利用していくつか用事を足すと、必要以上に疲れ、ストレスがたまる。同じ大都市でもロンドンやパリは、ここまでのことはない。パリの地下鉄も、別種の騒音はあるが、基本的に駅は静かで、電車は整然と発着している。東京は永遠にこうはならないのだろうかと考えると、ため息が出る。

一番やかましいのはJR東日本である。そうでなくても騒音の多い大都会で、どうしてさらに騒音を増やして平然としていられるのだろう。当事者のその神経を疑う。注意喚起、事故防止の観点からも逆効果ではないか。東京にずっといる人達は、騒音に慣れすぎてしまって、逆に感じなくなっているのか。現にそうと思われる光景も時折見かける。マイクで大声で「危ないですからお下がり下さい」と怒鳴られていても、その危ない本人は携帯電話に夢中で気づいていない、といったようなものだ。本人にも問題はあるが、基本的に音が多すぎるからいけないのだと思う。毎日何百回と聞かされる駅員も気の毒で、それらのストレスの蓄積で事故が増えるのでは、と余計な心配もしてしまう。

一歩譲って、色々な音を創造して駅ごとに違う音色をお客にも楽しんでもらおうというその企画精神を理解するとしても、発車の合図にメロディーを使ってはいけない。列車の接近を知らせる警告音ならば、まあメロディーでも許せないことはない。しかし発車ベルへの採用は絶対にやめるべきである。何故か。発車ベルは、鳴らす長さが一定ではないからだ。メロディーを使う以上は、どんなに短くても、楽譜での1小節か2小節分の長さがあり、そこで一つの完結を見るわけである。好きな音楽を聴いていれば勿論だが、嫌いな音楽であっても、音楽というものは、途中でプツリと切られれば不快なものである。メロディーの2小節目の途中でプツリと切れてドアが閉まる。これが毎日あちこちの駅で何十回、何百回と繰り返されている。これを騒音ではないと言う人が居る方が不思議で、私には理解できないが、よほど音感が鈍いか、騒音社会に慣れて麻痺しているかのどちらかだろうと思っている。それなら常に一定の長さまで鳴るようにすれば、などと馬鹿な反論をする人がいたが、列車が遅れている時は、客の乗降が済めば、発車ベルなど1秒で切ってさっさとドアを閉めて発車させるのが車掌の仕事である。

先日、倉敷から岡山まで山陽本線の電車に乗った。倉敷では列車が近づいてくると、「瀬戸の花嫁」の音楽が8小節流れた。そして列車が入ってきた。毎日通勤している人は、「瀬戸の花嫁」をこうして毎日ずっと聞かされるので、嫌いな人もいるかもしれないが、メロディーもこのように使えばまだ、少なくとも途中でプツンと切られる不快さはないし、旅行者がその土地を感じることもできるので、肯定的な評価も理解はできる。それこそ、最近は減ったが、長距離列車が始発駅を発車した時などに、車掌が最初に鳴らす「汽笛一斉」のオルゴールなども、同様である。

しかし、現在JR東日本の駅の発車の合図に使われている音楽は、これらとは似ても似つかぬ不快なものであることに、当事者は早く気づいて欲しい。しかも、その山手線で聞かされた同じものを、秋田や青森へ旅行した時にも聞かされる。JR東日本という会社が、同じメロディーを管内全域で使うことで、コーポレート・アイデンティティーを出しているつもりならば、その発想自体、非常に稚拙かつ貧困だと言わざるを得ない。秋田や青森の人が、東京と同じ下品なメロディーが流れることで、地元が都会並みになったと感じ入っているのならば(間違ってもそれはないと信じたいが)、そのレベルの低さに唖然とせざるを得ない。

JR東日本を真似てかどうか、他の鉄道会社でも普及が進んでいると聞いたこともあるが、くれぐれも音楽性のあるメロディーを発車ベルの代わりに使うといった野蛮なことは、やめていただきたいと思う。
posted by 東西高低 at 00:00| Comment(32) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 JRはとにかく山手線各駅を始めとして、騒音値が高すぎると思います。人身事故の多さと関連しているように思います。
 JRの駅で音爆弾を浴びると、イライラが募りホームの混雑と相乗効果で、譲り合いの気持ちが消え、人を避けるのが面倒になります。こんな気持ちになるのは、私だけではないと思います。
 最近、西武線で通勤してます。多摩湖線国分寺駅では、運転士の放送1回と電子音のピーンでドア閉め発車です。さわやかな気分でです。
 JRは首都圏の電車の社内放送も音量が多くさらに英語放送まで自動放送で行いくわえて車掌さんまでマイクで同様の案内放送をします。車掌が放送するときは自動放送は止めてもらいたい。
 品川を走る京浜急行も駅構内の放送、車内放送もJRの真似してきたのは残念です。
 欧州の鉄道のようにといいませんが、小さな新設、大きなお世話です。
 静寂は貴重なお客サービスと考えてもらいたいもの、感性もそろそろ民営化してください。
Posted by 鶴岡 洋 at 2010年07月29日 17:28
同感です。
駅は使わざるをえないのだから、静寂さがほしい。
心理学の論文に、音の大きな環境では援助行動の生起率が下がることを証明したものがあります。
Posted by 川村 at 2011年02月28日 23:30
発車ベルはうるさいです。メロディーの方がいいです。
福島駅なんかは明らかに普通じゃない気が狂う様な音色の発車ベルを強制的に20秒近く流していました。あれは五月蝿くて仕方なかったです。
現在は古関裕而さんの故郷と言う事で、発車メロディーも「高原列車は行く」の爽やかなメロディーに変わりました。このメロディーも20秒くらい強制的に流れますが、全然苦じゃないです。あなたは少し考え過ぎでは?
現に山手線の高田馬場駅は、発車メロディーを鉄腕アトムに変えてから人身事故は減ったそうです。
Posted by at 2011年07月27日 16:40
ただでさえ鼓膜が破れそうなほどの発車ベルこそなくしたほうがいいです。
人にはそれぞれの考えがあるのはわかりますが、自分の考えを一方的に強く押し付けるのはいかがなものかと。
この記事を読んだ大半の人が非常に不快な気持ちになります。
即、この記事を削除してもらいたいものですね。
Posted by at 2011年08月28日 21:06
Posted by at 2011年08月28日 21:13
青森と秋田を引き合いに出すのはやめてくれないかな?
いちいち田舎の話題を出して、田舎を小馬鹿にするのが都会人気取りのアホの典型。
あなたのくだらない妄想話で地元を馬鹿にされるのは非常に不愉快。
Posted by j at 2012年01月15日 01:23
もう子供騙しな恋愛には飽きたという大人の方々に利用してもらいたい。煩わしいことは一切省き欲望のみに忠実になる。一瞬聞けば子供の恋愛に感じるだろうけどここに登録している大人の男女にはこの本当の意味がわかっています。わかるあなたも仲間です。
Posted by オトナの即愛倶楽部 at 2012年02月05日 12:25
やっぱり気軽に遊べるご近所さんが良い。当サイトはかなり詳細に地区分けをしてるのでほんとにピンポイントであなたのご近所さんを探せます。
Posted by ご近所Mail at 2012年02月07日 02:49
 はじめまして、ディーガン(Deegan)と申します。
 私は「静かな街を考える会」という市民グループの代表であり、唯一の外国人メンバーでもあります。このグループは日本の街に氾濫している拡声器音を少しでも減らそうと活動しています。関東、関西と九州地区とに分けてあり、関西と九州のそれぞれの地区代表もいます。総数50人ぐらいの小さな組織です。なかなか大きなことができませんが、会の存在そのものが大きな心の支えとなっている人もかなりいるようです。私もこの会を見つけたお陰で日本に永住する決意が出来たほどです。
 主な活動はスピーカー騒音を発生している側に苦情を寄せたり、時によってはインタビューに行ったりすることです。そしてそれらの結果を年に一回発行する機関誌(AMENITY)に掲載することです。このAMENITYは主にメンバーや関心のある方、または音を出している側(鉄道会社、選挙管理委員会、学校など)にも発送しています。
 今は次号のAMENITY30号を作るためのネタ集めをしている最中ですが、文章の提供者を確保するのにいつも苦労しています。今回は「発車メロディーとかいう騒音をまき散らしているJR東日本」(2009年06月25日)をたまたま見つけましたが、我々の会の趣旨にピッタリした内容だと思います。
 そこでお願いがあります。この文章をAMENITY30号用に転載させていただけないでしょうか。ご住所を教えていただければAMENITYのバックナンバーを差し上げますのでご安心できます。あるいは会のホーム・ページをごらんになれば、会の趣旨や活動をある程分かるかと思います。
 何分、よろしくお願いします。
Posted by C.J.ディーガン at 2012年04月25日 16:39
文句ばっかり…

よほど、悲しい人なんですね…

常に他人の悪口や文句を言ってないと気が済まない人、学校にも会社にも、ご近所にも一人か二人はいますよね…

たぶん、あなたは発車メロディーの音が小さくなったり、なくなったら、今度は聞こえかったら意味が無いとか言うんでしょうね…

発車ベルにしたら、また昔に戻って進歩してないとか…

匿名の場で人の文句ばかり言ってるなら、直接JR東日本に訴えればいいのに…

まぁ、何というか、可哀想な人ですね…
Posted by 播但線 ワンマン 寺前行き at 2012年09月22日 04:39
ディーガンさん、静かな街を考える会というサイト最近知りました。
私が常々思っていたことを、より詳しく丁寧に書かれているサイトなので、大変勉強に、また同志がたくさんいるので励みになります。
静寂な住環境が確保できる日本社会の実現を目指して、私も貴殿と貴サイトを応援しています。
Posted by 文京区民 at 2013年03月16日 04:06
通りすがりの者です。

なんか心が寂しい人だなと感じました。

きっとどんな小さな事にも文句をつけていることでしょう。


かわいそうに…
Posted by 通りすがり at 2013年09月27日 12:22
鉄道好きの者ですが、あなたの意見に反対です。車掌さんが毎日発車メロディを途中切りするから「今日はフルで聞けるかな・・・」と楽しみになりますけどね。
ひどいこといいますね。
僕は青森人なので、悪い意味で全て集中してみてしまいました。
んでAMENITYにのせたんですか。
とてもショックです。
Posted by 鉄道ファン at 2014年02月23日 12:52
首都圏の駅の煩さには同意しますし、貴方が、発車ベルの方が好きだというのは一向に構わないでしょう。しかしながら、それは、駅メロディーが後進国である証明にはなりません。
さて駅メロディーを不快に思わない人は音感が無い、騒音に麻痺しているという見方は、あなたの偏見であるという証明をしましょう。
僕は駅メロディーの方が好きな訳です。
しかし僕自身、田舎出身ですから、騒音には慣れていません。また一応コンクールで数回優勝している経験があるのですが、音感や、センスはいつも高い評価を受けています。イギリス人はありませんが、フランス人の審査員にもその様な評価を頂きました。
あなたの偏見であることが丸見えでしょう?
批判する際、意見することは構わないですが、偏見は批判の的です。
今後文章を作る際、隙のない文章を作りたいならば、それを肝に銘じておきましょう。
Posted by かずさん at 2014年03月21日 19:03
「うるさくない」派の例外のない上から目線っぷりにびっくり。自分の感性を盲信しているのはどっちなんだか。

> 今後文章を作る際、隙のない文章を作りたいならば、それを肝に銘じておきましょう。

何様だよ。肝に銘じろとかw あんたのほうがよっぽど隙だらけだよw

音感自慢合戦をするなら、私も3歳からピアノ・ギターを習い、GS音源の時代からDTMをやっており、今はニコニコ動画でそこそこ知られたPですので(信じるかどうかはご自由に)、あなたに劣らず音感はいい方だと思いますよ。その立場から言わせてもらうと、首都圏の駅メロはさすがに煩わしいですね。特に通勤時に頭の中で作曲していて、思いついたフレーズが吹き飛んでしまうのには閉口します。同じ理由で街中の音楽に苦言を呈している音楽経験者は結構多かったと思うのですが、そうした経験はないんでしょうか? 特にクラシック畑の方々など超文句言ってますよw

駅メロは「意味のある音」だというのが問題です。私のように音楽経験があると、無意識に耳コピしてしまいますw いや、冗談で言ってるんじゃないですよ? 私の場合、例えば、音楽を聞きながら別の活動(勉強、仕事、本を読むなど)ができません。音楽を聞くとそっちに意識が行っちゃうんですよね。だから、聞きたくないメロディーは全部ノイズであり騒音です。そういう人間もいるってこと。

感性の話は置いて騒音一般の話をしますと、85デシベルを越える音を恒常的に聞きつづけていると、騒音性難聴のリスクが増大するそうです(WHOのガイドラインによる健康基準)。目安としては、大声で怒鳴ると90デシベルです。今の日本の都市部は、スピーカーで大きな音楽や宣伝や案内を鳴らす→人々が負けじと大声で喋る→施設管理者がさらに負けじとスピーカーの音量を上げる、の悪循環で、かなりひどいことになっている地域が結構あるんじゃないでしょうか。数十年後に、そこで暮らしていた人が全員難聴になっていたなどということがなければいいんですけどね。

最大の疑問は、こんな騒音大国のままで本当にオリンピックを開催して海外から大勢お客さんを呼ぶつもりなのか、ということでしょうか。こんなフランス人の声もあります。

http://shizukanamachi.com/toyu/
「以前住んでいたけれど、日本はどうやらとても騒音の多い国だということを発見したよ。予想外のことだった」
Posted by yukina_m at 2014年04月16日 22:11
(追記)クラシック畑の方々の一例として、ヴァイオリン作りを仕事にされている方の意見を紹介しておきますね。

騒音大国日本 〜 これからの日本人の耳は大丈夫なのか
http://www.sasakivn.com/werkstatt/sonota/souonnihon.html

> しかし、日本に帰国して驚きました。成田に着いた時点からうるさいのです。エスカレーターでは「黄色い線の内側に乗って、お子様の手を繋いで、手すりにつかまって・・・」とか、列車のホームのベル・チャイムの音や駅員の音、喫茶店に入ったら入ったで聴きたくもないBGMがガンガン。街を歩けば商店が外に向かってマイクで呼び込みをしていたり、大音量で音楽を流している。大型電気店に入っても、各売り場コーナーでそれぞれにガンガンと音を立てている。ほんと、「よけいなお世話」です。 私は帰国直後には、その騒音のおかげで頭がおかしくなりそうでした。
Posted by yukina_m at 2014年04月16日 22:28
君ほんと哀れ。書き方が稚拙過ぎて…
そこまで思うならJR東日本に直接言ったら?じゃあお前は完璧な駅設備作れるのかよ?
Posted by 通りすがりの人 at 2014年07月16日 21:31
チンゲチンゲ
Posted by ウンコ漏れたウンコ漏れた at 2014年09月23日 17:37
あなたは、ばかですね
あたまがわるいんですね
あなたはちゅうそつなのですか
だからこんなわけのわからなあぶんしょうをおかきになるんですねかんしんします
あなたはにんげんのごみくずですうんこやおしっこまんこいかのずのうですきもちわるいのでとっとときえてくださいめざわりですあなたのぶをみるだけでめがいたくなりますきたないきたないきもおとこですねあなたはぎたわるいきもちわるいあなたはちゅうそうなのでばかなぶんしょうしかかくことができないんなすねはっきりいっやかわいそうです
Posted by アチョー at 2015年01月28日 20:30
まんこ
Posted by あうあうあー at 2015年01月28日 20:34
あんたみたいなのを老害って言うんだよ
Posted by なし at 2015年02月21日 13:11
長い時間他人に囲まれて拘束されるのが苦痛です。
だからせめて気を紛らわすために好きな音楽を聞くのですが
その音楽が掻き消される音量の発車メロディには本当にイライラします。
色々研究結果で下手な騒音よりうるさいってわかってんでしょ?
せめて音量もう少し下げろや
Posted by 電車嫌いです at 2015年05月25日 08:45
この記事を書いた奴を今すぐ抹殺したい。
死に腐れ(笑)
世界はお前中心に回っているわけではないよ。この勘違いじじいが。
ベルと音楽だったら、絶対発車メロディの方が遥かに愉快。
とにかくお前のこのゴミ記事は不愉快だから早く、直に消せ。
あととりあえず死のうか、君w
Posted by S字ブログ at 2015年06月24日 17:11
自分勝手なことばかり言うな。この分読んで、非常にムカついた。
Posted by 鉄道好き at 2015年07月20日 21:57
本当に人の事が考えられない糞ばかだな。少しは作曲者や発車メロディーが好きな人の気持ちになって考えろよ。貴様の声の方が確実にうるさい。
Posted by mr,y at 2015年09月27日 13:23
そこまで言うなら直接会社に言えよ。このド弱気者〜wwwww
Posted by mr,y at 2015年09月27日 13:50
今から当たり前のことを書こうと思う。

あの10秒程度の音楽にも、それぞれ作曲者がいる。そして、痛勤ラッシュの雰囲気を少しでも和らげようと、1曲1曲魂を込めて、苦心して作ったもの。
騒音なのは貴方ですよ。
Posted by at 2016年01月20日 22:49
ん?自分からこの「後進国」から出てったんかな(笑)

ありがとさん(笑)
Posted by あ at 2016年04月04日 22:06
みんな寄ってたかって懐古じいさんを虐めるなよ
Posted by 1 at 2016年12月20日 17:05
お前の声の方が騒音だ
Posted by やまだ at 2017年05月13日 08:17
発車メロディ反対、にたくさん反対意見が来てますが、しかし、接近・入線メロディには賛成、ですね?
Posted by 関西人 at 2017年06月20日 19:45
海外から帰ってくると、本当にうるさく感じます。

公共の場所での静けさは、大人が守るべき文化だと思うのですが、どうもこの国だけは違うようです。

「この国は、声と音の使い方を間違えている」

と来日時にコメントを残した作家もいましたね。
Posted by ゆう at 2017年06月30日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121979753

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。