2009年12月22日

北陸新幹線と上越駅

北陸新幹線・長野〜金沢間の工事が進んでいる。日本中どんどん、新幹線網が広がっている。便利になるが、旅の楽しみが減っていく。どちらも時代の流れである。

こういう大プロジェクトでは、沿線各地域にも甚大な影響を及ぼす。だから各自治体も色々な要求を出してくる。その一つに、新潟県の、(仮称)上越駅に全列車停車という要求があるそうだ。この話を聞いて、よくそこまで言うものだと驚いた人も多いだろう。

現在、上越新幹線には1往復だけ、東京〜新潟ノンストップというのがある。県下第二の都市、長岡を通過するのはこの1往復だけである。新潟県知事がこの列車に対して文句を言わないのは、同じ県内の新潟が終着であり、県庁所在地新潟市にメリットがある列車だからであろう。長岡と新潟が別の県であったならば、そして今の知事が「長岡県知事」であったならば、彼はこれに猛然と抗議したに違いない。

上越市は、長岡に比べても人口規模が小さく、さほどの乗降客は見込めないであろう。しかし、上越市の前後も人口は稀薄であるから、北陸新幹線の水準では主要駅になることもわかる。それに、長野〜富山がノンストップというのは、ちょっと長いかもしれない。しかし、新横浜〜名古屋や、「はやて」の大宮〜仙台に比べればはるかに短い。そう考えると、全列車を停めるのは過分である。素人でもわかりそうなことで、JR東日本の社長も、当然のごとく拒否している。

どうしても埒が明かないのであれば、開業暫定ダイヤでとりあえず全列車停車にして、その代わり「最低乗降客数保証」を求めてはどうだろうか。上越駅の乗降客数目標を、全列車停車にふさわしい水準に設定し、それが達成できなければ、次のダイヤ改正で、通過列車を設けたらいい。
【関連する記事】
posted by 東西高低 at 03:08| Comment(0) | TrackBack(2) | 高速鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136242995

この記事へのトラックバック

JR東日本、上越駅への新幹線全列車停車を拒否
Excerpt:  北陸新幹線が開業してもメリットが少ないからか(上越新幹線の地位が下がるというデ
Weblog: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
Tracked: 2009-12-27 01:01

JR東日本の上越駅に対する態度表明
Excerpt: Yahoo!ニュースを見ていたら、このような記事がありました。 「新幹線の役割は遠くに早く到達させること。現時点で、上越駅にすべての新幹線を止めることは考えていない」と述べた。
Weblog: がんばりません
Tracked: 2010-01-17 20:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。